▼Menu

赤ちゃんがひきつけた時

赤ちゃんが目の前で突然ひきつけを起こすと、気が動転してしまいがちです。体を揺すったりするのは逆効果になりますので、落ち着いてベビーの状態をよく観察するようにしましょう。


広告

ひきつけについて

乳幼児期のひきつけの多くは、熱性けいれんで、急激に熱が上がった時に起こります。熱性けいれんを起こす赤ちゃんは20人に1人くらいと言われています。また、発熱を伴わない、ひきつけもあり、代表的なものに、てんかんがあります。初めてひきつけた時には、直後に病院を受診しましょう。

ひきつけ時の対応

体をゆすらない。
赤ちゃんの体を揺すったり、たたいたりしないようにしましょう。
口の中に指などを入れない。
赤ちゃんの口に指やスプーンなどを入れると、かえって危険です。舌をかむ事は、まずありません。
顔を横にして寝かせる。
顔を横にするのは、吐いたもので気道を詰まらせるのを防ぐ為です。余裕があれば、衣服をゆるめましょう。
状態をよく観察する。
下に観察のポイントを記載しています。受診時に医師に説明する為に、よく観察して出来ればメモしておきましょう。
安静にする。
ひきつけの症状がおさまったら、赤ちゃんが落ち着くまで安静にしましょう。

ひきつけ時の観察

病院へ受診する際に、状況が分かると医師への説明もスムーズに出来ます。慌てず冷静に観察しましょう。

どのくらい続いたか。
ひきつけを起こしたのが、何分くらいか確認しておきます。10分以上続く時には、至急病院へかかりましょう。
どんなけいれんか。
眼球の位置はどうだったか。手足の突っ張りは、左右対称だったか。
おさまってからの様子。
ひきつけがおさまってからも、いつまでも眠り続けていたり、意識が戻らない時は、至急病院へかかりましょう。
その他の症状について。
嘔吐があったか。熱はあったか。熱がいつ頃から出ていたか。
スポンサーリンク

ひきつけ時の注意したい症状

ひきつけ時に、このような症状があれば病院にかかりましょう。
初めてひきつけを起こした。
10分以上ひきつけが続いた。
一日に2回以上ひきつけを起こした。
けいれんが左右対称でない。
ひきつけのあと、手足の麻痺があったり、意識を失ったり、ぐったりしている。
頭を強く打った後に、ひきつけた。
熱が無いのにひきつけた。
cdot
Main Menu |トップページ |健康情報 |生活情報 |料理情報 |食品情報 |旅行記 |京都情報 |大阪情報 |岡山情報
リンク |sitemap |Pポリシー
健康 Menu |妊娠時の変化 |妊娠時の変化(続き) |妊娠中の栄養 |妊娠時のトラブル |妊娠中の歯のケア |子宮筋腫と妊娠 |切迫早産 |産後のトラブル |予防接種 |予防接種の前に |予防接種の後に |BCG |ヒブワクチン |肺炎球菌ワクチン |4種混合ワクチン |MRワクチン |日本脳炎ワクチン |母乳の栄養 |ベビーの気になる事 |感染症 |感染症2 |ベビーの発熱 |ベビーのひきつけ |ベビーの嘔吐 |ベビーの下痢 |ベビーの便秘 |ベビーの咳 |ベビーの鼻水 |ベビーの発疹 |ベビーの皮膚トラブル |ベビーの目のトラブル |ベビーと歯の健康 |ベビーと歯みがき |ベビーの口腔トラブル |ベビーの不慮の事故 |ベビーの転落、転倒 |ベビーの打撲 |ベビーのヤケド |ベビーが溺れた時 |ベビーの心肺蘇生 |ベビーの傷 |ベビーが指を挟んだ時 |ベビーの骨折、捻挫、脱臼 |ベビーが歯をぶつけた時 |ベビーの誤飲、誤嚥 |ベビーの虫刺され |ベビーが動物にかまれた時 |ベビーの目・耳・鼻の外傷と異物が入った時 |ベビーの熱中症 |ベビーのインフルエンザ |ベビーとタバコ |乳幼児健診 |食中毒 |腰痛
asa.as76.net
広告
更新日:2014/07/02