▼Menu

ベビーの口腔トラブル

赤ちゃんの口の中のトラブル時には、口に何かを入れた時に泣き出したり、飲食を嫌がったり、よだれが多くなる等の症状が出る事があります。口の中に異常がないか、よく観察して、念の為に熱など他の症状もみるようにしましょう。口内炎などでも痛がったり、ミルクや食事がとりにくい時は、病院に受診するようにしましょう。


広告

口腔内トラブル時の対応

口の中だけでなく、全身も観察する。
熱が出ていないか、手足に発疹が出ていないか等、チェックします。
食べられる食事をする。
栄養を気にせず、食べられるものを与えます。何も食べられない時は、無理をせず、水や麦茶などの水分補給を心がけます。

赤ちゃんの口の中が白い時

ほうの内側や歯茎にミルクかすのような白いものがつき、ガーゼなどで拭いても取れない場合は、カンジダというカビが考えられます。程度が軽い場合は自然に治ります。白いものがべっとりついている時は、治療が必要になります。

口の中がしみにくい食べ物

口の中に傷が出来て、食べたり飲んだりすると痛みが出ることがあります。その場合は、食事をいつもより塩分を控えめにしたり、温かい食べ物を冷まして食べる事で食べやすくなります。

しみにくい食べ物
プリン、アイスクリームなど柔らくて冷たいもの。
しみやすい食べ物
塩辛いもの、すっぱいもの(ジュースや果物など)、熱いもの、固いもの
スポンサーリンク

口の中のトラブルが出た時に注意したい症状

口腔内トラブル時に、このような症状があれば病院にかかりましょう。
発熱や発疹など他の症状を伴う。
口の中に出血や腫れが見られる。
痛がり、ミルクや食事を摂るのを嫌がる。
cdot
Main Menu |トップページ |健康情報 |生活情報 |料理情報 |食品情報 |旅行記 |京都情報 |大阪情報 |岡山情報
リンク |sitemap |Pポリシー
健康 Menu |妊娠時の変化 |妊娠時の変化(続き) |妊娠中の栄養 |妊娠時のトラブル |妊娠中の歯のケア |子宮筋腫と妊娠 |切迫早産 |産後のトラブル |予防接種 |予防接種の前に |予防接種の後に |BCG |ヒブワクチン |肺炎球菌ワクチン |4種混合ワクチン |MRワクチン |日本脳炎ワクチン |母乳の栄養 |ベビーの気になる事 |感染症 |感染症2 |ベビーの発熱 |ベビーのひきつけ |ベビーの嘔吐 |ベビーの下痢 |ベビーの便秘 |ベビーの咳 |ベビーの鼻水 |ベビーの発疹 |ベビーの皮膚トラブル |ベビーの目のトラブル |ベビーと歯の健康 |ベビーと歯みがき |ベビーの口腔トラブル |ベビーの不慮の事故 |ベビーの転落、転倒 |ベビーの打撲 |ベビーのヤケド |ベビーが溺れた時 |ベビーの心肺蘇生 |ベビーの傷 |ベビーが指を挟んだ時 |ベビーの骨折、捻挫、脱臼 |ベビーが歯をぶつけた時 |ベビーの誤飲、誤嚥 |ベビーの虫刺され |ベビーが動物にかまれた時 |ベビーの目・耳・鼻の外傷と異物が入った時 |ベビーの熱中症 |ベビーのインフルエンザ |ベビーとタバコ |乳幼児健診 |食中毒 |腰痛
asa.as76.net
広告
更新日:2014/07/02