▼Menu

赤ちゃんが熱中症になった時

熱中症は、暑さで体温のコントロールが出来なくなり、体内に熱がこもってしまった状態です。体温調節機能が未熟な赤ちゃんや幼児は、熱中症の危険性が高いので、注意が必要です。

近年の日本の夏は炎天下で、赤ちゃんにとっては過酷な環境です。夏場の外出には、屋外での活動が長時間にならないように注意します。ベビーカーは、地面に近いのでアスファルトの照り返しで大人が思っている以上に暑いものです。ベビーカーに日除けをつけたり、マグを持ち歩いて水分補給を怠らないように注意したり、 クールマフラー楽天 などの冷感グッズを活用したり、工夫出来ることは実行しましょう。熱中症は、少しの工夫で未然に防げることもあります。赤ちゃんに無理をさせない、ほんの少しの時間でも赤ちゃんから目を離さない事も大事です。


広告

熱中症になった時の対応

意識があるか確認する。
意識が無い時は、気道を確保して、救急車を呼びます。呼吸や脈がなければ、人工呼吸や心臓マッサージも行います。
熱があるか確かめる。
40度以上の高熱があるときは、かなりの重症です。すぐに救急車を呼びます。
熱がなければ、体を冷やす。
熱が無い時は、風通しのいい木陰などの涼しい場所へ連れて行き、衣類をゆるめ、頭を高くして楽な姿勢で寝かせます。室内なら扇風機やうちわで風を送り、冷たいタオルなどで拭いて体を冷やします。
水分補給をする。
イオン飲料や食塩水をたっぷり飲ませます。水分を受けつけない時は、脱水症を起こしている可能性があります。病院へ急いで行きましょう。

熱中症の時に出る症状

熱中症の主な症状は、発熱がある、顔が赤くなったり、ぐったりして吐き気ある、生あくびがでる、めまいがある等です。40度以上の高熱や、意識が無い、けいれんがある時は、かなりの重症です。微熱程度でそれなりに元気がある時は、涼しい場所で冷やしたり、水分補給をしながら様子をみて、必ず病院へ行くようにします。

熱中症に注意したい場所

熱中症で特に注意したい場所です。
炎天下で遊んでいる時。
高温になった車内。
閉めきって暑くなった室内。
スポンサーリンク

熱中症になった時に注意したい症状

熱中症になった時、このような症状があれば病院にかかりましょう。
意識が無い。または、意識がもうろうとしている。
呼吸困難に陥っている。
けいれんを起こしている。
水分を受けつけない。
ぐったりしている。
吐き気がある。
高熱がある。
cdot
Main Menu |トップページ |健康情報 |生活情報 |料理情報 |食品情報 |旅行記 |京都情報 |大阪情報 |岡山情報
リンク |sitemap |Pポリシー
健康 Menu |妊娠時の変化 |妊娠時の変化(続き) |妊娠中の栄養 |妊娠時のトラブル |妊娠中の歯のケア |子宮筋腫と妊娠 |切迫早産 |産後のトラブル |予防接種 |予防接種の前に |予防接種の後に |BCG |ヒブワクチン |肺炎球菌ワクチン |4種混合ワクチン |MRワクチン |日本脳炎ワクチン |母乳の栄養 |ベビーの気になる事 |感染症 |感染症2 |ベビーの発熱 |ベビーのひきつけ |ベビーの嘔吐 |ベビーの下痢 |ベビーの便秘 |ベビーの咳 |ベビーの鼻水 |ベビーの発疹 |ベビーの皮膚トラブル |ベビーの目のトラブル |ベビーと歯の健康 |ベビーと歯みがき |ベビーの口腔トラブル |ベビーの不慮の事故 |ベビーの転落、転倒 |ベビーの打撲 |ベビーのヤケド |ベビーが溺れた時 |ベビーの心肺蘇生 |ベビーの傷 |ベビーが指を挟んだ時 |ベビーの骨折、捻挫、脱臼 |ベビーが歯をぶつけた時 |ベビーの誤飲、誤嚥 |ベビーの虫刺され |ベビーが動物にかまれた時 |ベビーの目・耳・鼻の外傷と異物が入った時 |ベビーの熱中症 |ベビーのインフルエンザ |ベビーとタバコ |乳幼児健診 |食中毒 |腰痛
asa.as76.net
広告
更新日:2014/07/02