▼Menu

赤ちゃんの皮膚トラブル

赤ちゃんの皮膚は大人と比べると薄くて未熟で、ちょっとした刺激にも反応しやすいです。赤ちゃんは汗っかきの為、汗腺の出口がつまって炎症を起こすなど、汗によるトラブルも少なくありません。他には、体質によって起こる皮膚トラブルもあります。じんましんやアトピー性皮膚炎などです。これらのトラブルは専門医でも判断が難しく、経過をみないと診断できないこともあります。

皮膚トラブルを未然に防ぐには、日ごろのケアも大事です。おつむかぶれや、あせもには、こまめにオムツ替えをしたり、シャワーで洗い流すなどで皮膚を清潔に保つようにしましょう。また、生後2〜4ヶ月を過ぎる頃から肌がカサカサしてくる赤ちゃんも多いです。保湿用のクリームや、 ベビーローション楽天 で保湿を心がけましょう。皮膚トラブルがあると、荒れた肌からアレルギー抗原が入り、食物アレルギーになるとも言われています。


広告

皮膚トラブルがある時の対応

清潔を心がける。
新陳代謝が盛んで皮膚の薄い赤ちゃんの肌を清潔に保つには、毎日石鹸で洗うことが大切です。石けんで洗う時、汚れを落とすには、よく泡立てる事が重要になります。泡で出てくるポンプ式のベビーソープは使い勝手が良いです。
ぬり薬は清潔な肌に塗る。
汗をかくなどしたら、ぬれたガーゼ等で拭き取り、清潔にしてからぬり薬をぬります。
しっとりとした肌を保つ。
ママの手で触ってざらつきを感じるところは、保湿剤をぬりましょう。しっとりするまで重ねづけします。
かゆみがある時、入浴は短めにする。
熱めのお湯は、かゆみがひどくなるので、ぬるめのお湯で短めにします。
皮膚をかきこわさないよう、工夫します。
ベビーの爪を切る、患部を冷やす、軽くたたく、刺激の少ない衣服を着せるなど。
熱などの症状も確認しましょう。
感染症などの病気と見分ける為に、念の為、熱など他の症状がないか確認しましょう。

赤ちゃんの頃に多い皮膚トラブルの特徴

あせも
背中や腕などの汗をかきやすい場所に細かい湿疹が出る。
おむつかぶれ
おむつのあたるところにブツブツが出たり、赤くただれたりする。
虫刺され
時間が経つにつれて盛り上がるとこもあります。
水いぼ
皮膚と同じ色の小さな盛り上がりがパラパラ出る。かゆみは無いがウイルスによる感染で、他の子にうつりやすいので、注意が必要です。
アトピー性皮膚炎
ジュクジュクした痒みを伴う湿疹が出る。耳切れになるのも特徴です。症状は年齢によっても違います。
蕁麻疹(じんましん)
強いかゆみを伴い、平たく盛り上がったりする。
とびひ
水泡が出来、かきこわして破れるとジュクジュクして、水泡があちこちに広がってしまう。
スポンサーリンク

皮膚トラブル時の注意したい症状

皮膚トラブルが出た時に、このような症状があれば病院にかかりましょう。
かゆみがひどく、ケアをしても赤ちゃんがかきむしってしまう。
熱や咳など、他の症状を伴っている。
時間の経過と共に、悪化している。
原因不明の皮膚トラブルの場合。
cdot
Main Menu |トップページ |健康情報 |生活情報 |料理情報 |食品情報 |旅行記 |京都情報 |大阪情報 |岡山情報
リンク |sitemap |Pポリシー
健康 Menu |妊娠時の変化 |妊娠時の変化(続き) |妊娠中の栄養 |妊娠時のトラブル |妊娠中の歯のケア |子宮筋腫と妊娠 |切迫早産 |産後のトラブル |予防接種 |予防接種の前に |予防接種の後に |BCG |ヒブワクチン |肺炎球菌ワクチン |4種混合ワクチン |MRワクチン |日本脳炎ワクチン |母乳の栄養 |ベビーの気になる事 |感染症 |感染症2 |ベビーの発熱 |ベビーのひきつけ |ベビーの嘔吐 |ベビーの下痢 |ベビーの便秘 |ベビーの咳 |ベビーの鼻水 |ベビーの発疹 |ベビーの皮膚トラブル |ベビーの目のトラブル |ベビーと歯の健康 |ベビーと歯みがき |ベビーの口腔トラブル |ベビーの不慮の事故 |ベビーの転落、転倒 |ベビーの打撲 |ベビーのヤケド |ベビーが溺れた時 |ベビーの心肺蘇生 |ベビーの傷 |ベビーが指を挟んだ時 |ベビーの骨折、捻挫、脱臼 |ベビーが歯をぶつけた時 |ベビーの誤飲、誤嚥 |ベビーの虫刺され |ベビーが動物にかまれた時 |ベビーの目・耳・鼻の外傷と異物が入った時 |ベビーの熱中症 |ベビーのインフルエンザ |ベビーとタバコ |乳幼児健診 |食中毒 |腰痛
asa.as76.net
広告
更新日:2014/07/02