▼Menu

赤ちゃんが歯をぶつけた時

赤ちゃん時代の乳歯のケガは、いずれは永久歯に生え変わるからと、放置してしまいがちです。しかし、こどもは、噛む話すといった動作を乳歯を通して行い、様々な発達をしていくのですから、乳歯を軽視してはいけません。乳歯によって、将来生えてくる永久歯や、全身の健康に影響を与えることもあります。

歯が抜けたり欠けたり、ぐらぐらしたり、歯茎から出血が見られたら、病院で受診します。転んだ時に、しばらく経ってから歯茎が腫れたり、歯や歯茎が変色してくることもあります。このような症状があれば、早めに歯科医院で診てもらいましょう。


広告

歯をぶつけた時の対応

歯が折れたり、抜け落ちた時。
流水で取れた歯を軽く洗い、汚れを落とし、乾燥を防ぐ為に牛乳(なければ水)に浸して歯科医院に持参します。くれぐれも、ごしごし洗ったり、ティッシュペーパーなどで包んではいけません。1時間以内なら修復できる可能性が高いので、出来るだけ早い対応をするようにしましょう。
歯が欠けた時。
欠けた歯があれば、それを使って修復できる可能性があります。乾燥させないように牛乳などにつけて持参しましょう。歯が少し欠けた程度で痛みがなくても、必ず受診しましょう。
歯や口の周りを観察する。
出血はないか、歯がぐらぐらしていないか、欠けていないか、折れていないか、痛がっていないか等、打った歯や周辺の歯茎を触ったりしながら、よく見てみます。
数時間は様子をみます。
歯茎が腫れてこないか、歯の色の変化は無いか、様子をみます。飲食時や歯磨きの時に、痛がるようなら早めに受診します。

かかりつけの歯医者さんを持ちましょう。

普段からかかりつけの歯科医を持ち、何かあったらすぐに子どもを連れて行ける関係を築いておくと安心です。特に、小児を専門にしている歯科は、子供の成長を考慮しながら診断し治療をしていくので、頼れる存在です。小さい頃から歯医者さんに行く習慣をつけ、定期的に歯の検診を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

歯をぶつけた時に注意したい症状

歯をぶつけた時に、このような症状があれば病院にかかりましょう。
歯が折れた。歯が抜け落ちた。
歯茎から出血している。歯がグラグラしている。
歯が歯茎にめりこんでいる。
歯茎が真っ赤に腫れている。
痛みが激しい。
時間が経ってから口の中が腫れて痛むなどの異常がでた。
cdot
Main Menu |トップページ |健康情報 |生活情報 |料理情報 |食品情報 |旅行記 |京都情報 |大阪情報 |岡山情報
リンク |sitemap |Pポリシー
健康 Menu |妊娠時の変化 |妊娠時の変化(続き) |妊娠中の栄養 |妊娠時のトラブル |妊娠中の歯のケア |子宮筋腫と妊娠 |切迫早産 |産後のトラブル |予防接種 |予防接種の前に |予防接種の後に |BCG |ヒブワクチン |肺炎球菌ワクチン |4種混合ワクチン |MRワクチン |日本脳炎ワクチン |母乳の栄養 |ベビーの気になる事 |感染症 |感染症2 |ベビーの発熱 |ベビーのひきつけ |ベビーの嘔吐 |ベビーの下痢 |ベビーの便秘 |ベビーの咳 |ベビーの鼻水 |ベビーの発疹 |ベビーの皮膚トラブル |ベビーの目のトラブル |ベビーと歯の健康 |ベビーと歯みがき |ベビーの口腔トラブル |ベビーの不慮の事故 |ベビーの転落、転倒 |ベビーの打撲 |ベビーのヤケド |ベビーが溺れた時 |ベビーの心肺蘇生 |ベビーの傷 |ベビーが指を挟んだ時 |ベビーの骨折、捻挫、脱臼 |ベビーが歯をぶつけた時 |ベビーの誤飲、誤嚥 |ベビーの虫刺され |ベビーが動物にかまれた時 |ベビーの目・耳・鼻の外傷と異物が入った時 |ベビーの熱中症 |ベビーのインフルエンザ |ベビーとタバコ |乳幼児健診 |食中毒 |腰痛
asa.as76.net
広告
更新日:2014/07/02