▼Menu

赤ちゃんが虫に刺された時

赤ちゃんの皮膚は、薄く柔らかいので虫に刺されると大人より症状が強く出やすいです。蚊に刺されて真っ赤に腫れあがってしまったり、蜂に刺さされてショック状態になることもあります。

大人が知らない間に、ベビーが虫に刺されていることも多いです。虫刺されの症状としては、皮膚を露出している部分に発疹が多い、発疹が体の左右で差がある、発疹が変則的にまとまっている等あり、ある程度、見た目で判断できます。また、虫の多い場所に出かける時は、長袖・長ズボンを着用し、 虫よけスプレー楽天 や携帯式の虫よけ器を持参するなど、予防する事も大切です。


広告

虫にさされた時の対応

ショック状態が出ていないか確認する。
意識障害や呼吸困難になっていないか、冷や汗が出ていないか、顔色が悪くないか等を確認します。
掻かないようにする。
皮膚の痒みで、ついつい掻いてしまいがちですが、かきこわすと化膿やとびひにつながってしまう事もあります。爪を短く切る、長袖・長ズボンを着る、絆創膏で保護する等の対策をします。かゆみは、冷やすと落ち着く事もあるので、必要であれば冷えたタオルを患部にあててみましょう。
全身状態をよく観察する。
腫れや赤みの状態がどうなっているのか。頭痛や吐き気、発熱の症状があれば、病院を受診しましょう。
蚊やノミに刺された時。
流水で洗い、かゆみ止めを塗ります。冷たいタオルなどで患部を冷やすとかゆみがおさまります。
アブやハチに刺された時。
針が残っていたら、トゲ抜きなどで抜きます。毒を口で吸い取って吐き出します。患部を洗い消毒して、すぐに受診しましょう。意識障害などのショック状態が出ている時は、すぐに救急車を呼びます。
蛾や毛虫に触った時。
患部を石鹸でよく洗い、病院を受診します。

とびひ

とびひは、擦り傷や発疹、虫刺され等をかきこわした際、黄色ブドウ球菌や連鎖球菌が感染して起こる皮膚病です。初めは小さな水ぶくれが出来ますが、やがて破けて、赤むけになり、ほかの場所にも広がります。症状がひどくなると、熱が出ることもあります。とびひを防ぐには、患部を清潔に保ち、かきこわさない事です。

スポンサーリンク

虫に刺された時に注意したい症状

虫に刺された時、このような症状があれば病院にかかりましょう。
呼吸困難などのショック状態を起こしている。
発熱や吐き気がある。
患部が赤く腫れて盛り上がり、広範囲に広がっている。
ひどくかゆがったり、痛がる。
スズメバチや毒蛾に刺された。
一度にたくさんの虫に刺された。
cdot
Main Menu |トップページ |健康情報 |生活情報 |料理情報 |食品情報 |旅行記 |京都情報 |大阪情報 |岡山情報
リンク |sitemap |Pポリシー
健康 Menu |妊娠時の変化 |妊娠時の変化(続き) |妊娠中の栄養 |妊娠時のトラブル |妊娠中の歯のケア |子宮筋腫と妊娠 |切迫早産 |産後のトラブル |予防接種 |予防接種の前に |予防接種の後に |BCG |ヒブワクチン |肺炎球菌ワクチン |4種混合ワクチン |MRワクチン |日本脳炎ワクチン |母乳の栄養 |ベビーの気になる事 |感染症 |感染症2 |ベビーの発熱 |ベビーのひきつけ |ベビーの嘔吐 |ベビーの下痢 |ベビーの便秘 |ベビーの咳 |ベビーの鼻水 |ベビーの発疹 |ベビーの皮膚トラブル |ベビーの目のトラブル |ベビーと歯の健康 |ベビーと歯みがき |ベビーの口腔トラブル |ベビーの不慮の事故 |ベビーの転落、転倒 |ベビーの打撲 |ベビーのヤケド |ベビーが溺れた時 |ベビーの心肺蘇生 |ベビーの傷 |ベビーが指を挟んだ時 |ベビーの骨折、捻挫、脱臼 |ベビーが歯をぶつけた時 |ベビーの誤飲、誤嚥 |ベビーの虫刺され |ベビーが動物にかまれた時 |ベビーの目・耳・鼻の外傷と異物が入った時 |ベビーの熱中症 |ベビーのインフルエンザ |ベビーとタバコ |乳幼児健診 |食中毒 |腰痛
asa.as76.net
広告
更新日:2014/07/02