▼Menu

赤ちゃんが咳をする時

咳は、病気の時以外にも、急に冷たい空気にさらされた時にも出ます。また、軽い熱や下痢を伴う咳がある場合、風邪かもしれません。元気があり、苦しそうにしていなければ、さほど心配ありませんので、安静にして経過をみます。

突然激しく咳き込み、息が苦しそうにしている時は、何かを気管につまらせたことも考えられます。特に1歳前後の赤ちゃんは、何でも口に運んでしまうので、特に注意が必要です。異物をつまらせた疑いがある場合は、至急病院へかかりましょう。


広告

咳き込んだ時の対応

咳の状態を観察する。
いつ、どんな時に出るのかを観察します。突然激しく咳き込む、犬の遠吠えのような咳をする、呼吸ができないほど苦しがる時は、至急病院へかかりましょう。
咳のない時の呼吸にも注意する。
呼吸する度にヒューヒュー、ゼーゼーという音がしたり、肩で息をしている、肋骨あたりがへこむ陥没呼吸になっている時は、呼吸障害の心配もありますので、咳が酷くなくても受診しましょう。
上体を起こした姿勢にする。
咳がある時は、上体を起こした姿勢の方が楽です。クッションを使って上体を高くしてあげたり、抱き上げてあげたりします。優しく背中をさすってあげましょう。
適温を保ち、加湿する。
加湿器を使用したり、濡れタオルを室内に下げておくなどの工夫をして、空気が乾燥しないように気をつけます。また、寒くなり過ぎないように温度にも気をつけます。
空気の汚れに注意する。
タバコの煙は特に厳禁です。また、ほこりが舞うことのないように気をつけます。
水分を与える。
たんがからむ時や、咳がでて喉が乾く時、水分を与えるようにします。
薬は医師の指示で使用する。
咳止めを使用する際は、医師の指示で使用するようにしましょう。

ぜんそく気味と言われた時

咳で診断を受けた際、「ぜんそく気味」と言われることがあります。これは「ぜんそく様気管支炎」とも言い、軽症のぜんそくや、急性気管支炎などの病気の総称で、本格的にぜんそくと診断されたわけではありません。このような症状の赤ちゃんで、将来ぜんそくと判断される確率は1割位です。

スポンサーリンク

せきが出た時の注意したい症状

せきが出る時に、このような症状があれば病院にかかりましょう。
38度以上の発熱や嘔吐をともなう。
長引いたり、次第に激しくなる。
夜中になると咳込みが激しくなる。
呼吸が荒く、肩で息をする。
ぜん鳴(呼吸する度にヒューヒュー、ゼーゼーと音がする)がある。
犬の遠吠えのような咳をする。
突然激しく咳込み、苦しそうにする。
顔色が悪くぐったりしている。
cdot
Main Menu |トップページ |健康情報 |生活情報 |料理情報 |食品情報 |旅行記 |京都情報 |大阪情報 |岡山情報
リンク |sitemap |Pポリシー
健康 Menu |妊娠時の変化 |妊娠時の変化(続き) |妊娠中の栄養 |妊娠時のトラブル |妊娠中の歯のケア |子宮筋腫と妊娠 |切迫早産 |産後のトラブル |予防接種 |予防接種の前に |予防接種の後に |BCG |ヒブワクチン |肺炎球菌ワクチン |4種混合ワクチン |MRワクチン |日本脳炎ワクチン |母乳の栄養 |ベビーの気になる事 |感染症 |感染症2 |ベビーの発熱 |ベビーのひきつけ |ベビーの嘔吐 |ベビーの下痢 |ベビーの便秘 |ベビーの咳 |ベビーの鼻水 |ベビーの発疹 |ベビーの皮膚トラブル |ベビーの目のトラブル |ベビーと歯の健康 |ベビーと歯みがき |ベビーの口腔トラブル |ベビーの不慮の事故 |ベビーの転落、転倒 |ベビーの打撲 |ベビーのヤケド |ベビーが溺れた時 |ベビーの心肺蘇生 |ベビーの傷 |ベビーが指を挟んだ時 |ベビーの骨折、捻挫、脱臼 |ベビーが歯をぶつけた時 |ベビーの誤飲、誤嚥 |ベビーの虫刺され |ベビーが動物にかまれた時 |ベビーの目・耳・鼻の外傷と異物が入った時 |ベビーの熱中症 |ベビーのインフルエンザ |ベビーとタバコ |乳幼児健診 |食中毒 |腰痛
asa.as76.net
広告
更新日:2014/07/02