▼Menu

ベビーのやけど

赤ちゃんは、何にでも興味が出て、触ってみたくなり、ついつい手を出してしまいます。ベビーは、今までの経験がないので、好奇心が旺盛なんですね。とても良い事だけれど、危ない事への危険予測する能力はとても低いです。その為、大人が見守り危険なものから回避することが必要になります。

赤ちゃんがやけどをしてしまったら、まずすぐに冷やします。最低でも20分くらいは流水などで冷やします。また、患部がどのようになっているのか観察します。

やけどが小さく、赤みが少し残る程度なら、しばらく様子をみます。ただし、子供の皮膚は薄いので、見た目は大したことがなくても、あとから重症になることもあります。心配な時は、念のため受診しておいた方が安心です。

また、注意しておきたいのが、カイロなどでの低温火傷です。少し赤くなった程度でも、皮膚の奥までヤケドが進行していることがあります。気づいた時には、冷やしながら早急に受診しましょう。


広告

ヤケドした時の対応

やけどの状態を確認する。
どこをどの程度ヤケドしたのかを確認します。広範囲の火傷や、皮膚が白っぽくなっている時、酸性やアルカリ性の薬品でのヤケドの時は、大至急受診します。
ガーゼと包帯で保護する。
落ち着いたら、患部に清潔なガーゼとあてて、その上から包帯を巻きます。やけどの程度がひどい時は、何も巻かずに、すぐ病院へ行きます。
水ぶくれはつぶさない。
水ぶくれは、むやみに触らないようにし、受診しましょう。
化膿に注意します。
やけどの後の化膿に注意しましょう。おかしいなと思ったら、すぐに受診しましょう。
とくかく冷やす。
やけどは、とにかく冷やす事が一番です。
勝手に塗らない。
勝手な判断で、オリーブオイル等の油類など、塗らないようにします。ステロイドなどのぬり薬も自己判断で使わないようにします。

火傷した時の冷やし方

基本は流水で冷やします。
赤みが取れるまで、20〜30分ほど水道水を出しっぱなしにして冷やします。
流水があてにくい場所の冷やし方。
顔など、水道の蛇口の流水をあてるのが難しい場合、氷を入れた袋や冷たいタオルをあてます。冷却シートなどは使わないようにしましょう。
衣類を着たままのヤケドの冷やし方。
むやみに服を脱がしたりせず、衣類の上から流水をかけます。全身の場合、衣類の上からシャワーかけたり、浴槽などで大量の水で冷やします。
ショック状態を起こした時。
広範囲の火傷でショック状態を起こした時は、ぬらしたタオルで体をくるみながら、救急車で病院へ行きます。

日焼けした時

ほてりが出る程の日焼けは、やけどをした時と同じ様な状態になっています。対処法としては、冷たい水やタオルをあてて冷やし、水分を十分に補給すること。直射日光のあたる場所で遊ばせる時は、帽子をかぶったり、日焼け止めを塗るなど、十分注意が必要です。また、プールや海水浴時には、ラッシュガードを着用するなど出来る対策はしましょう。日焼けをした後に熱が出たら、すぐに病院を受診しましょう。

スポンサーリンク

ヤケド時に注意したい症状

火傷時に、このような症状があれば病院にかかりましょう。
子供の手のひら以上の範囲をやけどした。
大きな水ぶくれができた。
皮がむけおちた。
皮膚の色が白く変わっている。
冷やしても痛みや赤みがひかない。
ショック状態を起こしたり、ぐったりしている。
カイロや電気あんか等で低温やけどを起こしている。
酸性やアルカリ性などの薬品でヤケドした。
cdot
Main Menu |トップページ |健康情報 |生活情報 |料理情報 |食品情報 |旅行記 |京都情報 |大阪情報 |岡山情報
リンク |sitemap |Pポリシー
健康 Menu |妊娠時の変化 |妊娠時の変化(続き) |妊娠中の栄養 |妊娠時のトラブル |妊娠中の歯のケア |子宮筋腫と妊娠 |切迫早産 |産後のトラブル |予防接種 |予防接種の前に |予防接種の後に |BCG |ヒブワクチン |肺炎球菌ワクチン |4種混合ワクチン |MRワクチン |日本脳炎ワクチン |母乳の栄養 |ベビーの気になる事 |感染症 |感染症2 |ベビーの発熱 |ベビーのひきつけ |ベビーの嘔吐 |ベビーの下痢 |ベビーの便秘 |ベビーの咳 |ベビーの鼻水 |ベビーの発疹 |ベビーの皮膚トラブル |ベビーの目のトラブル |ベビーと歯の健康 |ベビーと歯みがき |ベビーの口腔トラブル |ベビーの不慮の事故 |ベビーの転落、転倒 |ベビーの打撲 |ベビーのヤケド |ベビーが溺れた時 |ベビーの心肺蘇生 |ベビーの傷 |ベビーが指を挟んだ時 |ベビーの骨折、捻挫、脱臼 |ベビーが歯をぶつけた時 |ベビーの誤飲、誤嚥 |ベビーの虫刺され |ベビーが動物にかまれた時 |ベビーの目・耳・鼻の外傷と異物が入った時 |ベビーの熱中症 |ベビーのインフルエンザ |ベビーとタバコ |乳幼児健診 |食中毒 |腰痛
asa.as76.net
広告
更新日:2014/07/02