▼Menu

妊娠中の歯のケア

妊娠中からお腹の赤ちゃんの歯は作られ始めています。また、出産後に赤ちゃんと身近に接するママの 口内環境楽天 も、妊娠中から整えておきたいです。


広告

妊娠中の歯の治療

妊娠中の歯の治療は、胎児に影響を与えないか心配になります。

歯科用X線撮影の胎児への影響は、ほとんどないとされています。歯科用のレントゲン撮影は、頭部なので、腹部方向への影響は心配する必要はなさそうです。

歯の治療を行う時は、歯科医に「妊娠中」である事を伝えましょう。

妊娠中の虫歯予防

妊娠中のつわりの時期には、歯ブラシを使用するだけでも吐き気が出たりします。自身の体調が悪かったりすると、口の中のケアまで気を使えなくなってしまうこともあります。また、妊娠中は、ホルモンの関係で歯肉炎を起こしやすいです。

妊娠中は、口の中のトラブルを起こしがちですが、それを防ぐ為には、こまめなブラッシングが重要です。歯科医院での専門的な歯のクリーニングを行うことも有効です。また、定期的な歯科健診をして歯の状態を確かめましょう。

子どもを出産後も、ママが口の中のケアをする習慣は、子どもに引き継がれます。また、ママの口内環境が悪ければ、赤ちゃんにも虫歯菌が感染しやすくなります。妊娠中から口内のケアに気を付けたいです。

妊娠中の胎児の歯

お腹の中の赤ちゃんの歯は、妊娠初期からつくられ始めています。妊娠中期頃から、石灰化が始まり、歯の形や大きさが決定されます。

スポンサーリンク

お腹の赤ちゃんへ十分な栄養を送れるように、母親自身がバランスのいい食事を採るようにし、健康的な規則正しい生活をこころがけましょう。

cdot
Main Menu |トップページ |健康情報 |生活情報 |料理情報 |食品情報 |旅行記 |京都情報 |大阪情報 |岡山情報
リンク |sitemap |Pポリシー
健康 Menu |妊娠時の変化 |妊娠時の変化(続き) |妊娠中の栄養 |妊娠時のトラブル |妊娠中の歯のケア |子宮筋腫と妊娠 |切迫早産 |産後のトラブル |予防接種 |予防接種の前に |予防接種の後に |BCG |ヒブワクチン |肺炎球菌ワクチン |4種混合ワクチン |MRワクチン |日本脳炎ワクチン |母乳の栄養 |ベビーの気になる事 |感染症 |感染症2 |ベビーの発熱 |ベビーのひきつけ |ベビーの嘔吐 |ベビーの下痢 |ベビーの便秘 |ベビーの咳 |ベビーの鼻水 |ベビーの発疹 |ベビーの皮膚トラブル |ベビーの目のトラブル |ベビーと歯の健康 |ベビーと歯みがき |ベビーの口腔トラブル |ベビーの不慮の事故 |ベビーの転落、転倒 |ベビーの打撲 |ベビーのヤケド |ベビーが溺れた時 |ベビーの心肺蘇生 |ベビーの傷 |ベビーが指を挟んだ時 |ベビーの骨折、捻挫、脱臼 |ベビーが歯をぶつけた時 |ベビーの誤飲、誤嚥 |ベビーの虫刺され |ベビーが動物にかまれた時 |ベビーの目・耳・鼻の外傷と異物が入った時 |ベビーの熱中症 |ベビーのインフルエンザ |ベビーとタバコ |乳幼児健診 |食中毒 |腰痛
asa.as76.net
広告
更新日:2014/07/02