▼Menu

赤ちゃんの「不慮の事故」

赤ちゃんの死亡原因は、不慮の事故が一番多いです。0〜4歳の不慮の事故による死亡は、交通事故よりも家庭内での方が多く起きています。安全と思われている家庭内ですが、意外と見落としている危険が潜んでいるように思います。大人にとっては、全く危険でなくても、赤ちゃんにとっては命取りになる事もあります。


広告

0歳児に注意したい窒息死

0歳児の事故死の7割以上は窒息死です。次いで溺死、交通事故、転落および転倒の順になっています。窒息の多くは、食べ物によるものや、ベッド内で起こっています。

窒息による事故
0歳児では、口や鼻をふさぐことによる窒息事故が起きています。ふとん、シーツ、枕、額に貼った冷却シート等が、窒息の原因になる事があります。また、吐いたものや食べ物や異物を喉に詰まらせてしまう事もあります。特に柔らかいベッドや布団は、窒息の原因になる事がありますので、うつぶせ寝をさせたり、重い布団を顔まで被せたりする事のないように気を付けます。ベッド内に紐やビニール袋、タオル、ぬいぐるみ等、置かないようにしましょう。

1〜4歳児に注意したい交通事故と溺死

1〜4歳時の事故死の5割以上が、交通事故と溺死です。次いで窒息です。溺死の半数以上は、家庭内の浴槽で起きています。

浴槽での事故
お風呂場で遊んでいるうちに、浴槽に落ちてしまう事があります。また、親が洗髪などで目を離したすきに、浴槽で溺れてしまうこともあります。最近では、浴槽用の浮き輪で溺れる事故も起きています。楽しく遊んでいても、いつバランスを崩して溺れるか分かりませんので、一瞬たりとも目を離さないようにしましょう。1歳児の溺死の多くは浴槽で起きています。家庭内だからと安心せずに注意しましょう。
お風呂を使用していない時は、お風呂場に外鍵をかけ、赤ちゃんが勝手に入ってしまわないようにします。また、入浴後は浴槽の水を抜いておくようにしましょう。

5〜9歳児に注意したい交通事故

5〜9歳時の事故死の5割以上が交通事故です。5歳以上になると屋外での活動が多くなり、行動範囲も広くなります。

スポンサーリンク

病死より多い不慮の事故

子どもの死亡原因のうち、不慮の事故は、全体の3分の1〜4分の1にも上ります。病死より多いのが現状です。

cdot
Main Menu |トップページ |健康情報 |生活情報 |料理情報 |食品情報 |旅行記 |京都情報 |大阪情報 |岡山情報
リンク |sitemap |Pポリシー
健康 Menu |妊娠時の変化 |妊娠時の変化(続き) |妊娠中の栄養 |妊娠時のトラブル |妊娠中の歯のケア |子宮筋腫と妊娠 |切迫早産 |産後のトラブル |予防接種 |予防接種の前に |予防接種の後に |BCG |ヒブワクチン |肺炎球菌ワクチン |4種混合ワクチン |MRワクチン |日本脳炎ワクチン |母乳の栄養 |ベビーの気になる事 |感染症 |感染症2 |ベビーの発熱 |ベビーのひきつけ |ベビーの嘔吐 |ベビーの下痢 |ベビーの便秘 |ベビーの咳 |ベビーの鼻水 |ベビーの発疹 |ベビーの皮膚トラブル |ベビーの目のトラブル |ベビーと歯の健康 |ベビーと歯みがき |ベビーの口腔トラブル |ベビーの不慮の事故 |ベビーの転落、転倒 |ベビーの打撲 |ベビーのヤケド |ベビーが溺れた時 |ベビーの心肺蘇生 |ベビーの傷 |ベビーが指を挟んだ時 |ベビーの骨折、捻挫、脱臼 |ベビーが歯をぶつけた時 |ベビーの誤飲、誤嚥 |ベビーの虫刺され |ベビーが動物にかまれた時 |ベビーの目・耳・鼻の外傷と異物が入った時 |ベビーの熱中症 |ベビーのインフルエンザ |ベビーとタバコ |乳幼児健診 |食中毒 |腰痛
asa.as76.net
広告
更新日:2014/07/02