▼Menu

赤ちゃんと歯の健康

赤ちゃんの歯は乳歯なので、永久歯に生え変わりますが、乳歯は永久歯になる土台になります。将来の虫歯予防や歯並びの為に、赤ちゃんの頃から歯の健康を気を付けるようにしたいです。赤ちゃんの 歯磨き楽天 は、嫌がったりで口を開けてくれなかったり大変ですが、毎日の積み重ねなので、習慣化して頑張りましょう!


広告

母乳と虫歯

3歳以下のむし歯の原因は、ほとんどが母乳だそうです。赤ちゃんに母乳を飲ませながら寝させたり、夜泣きした時に母乳を与えたりする事は、よくあります。しかし、幼児になっても母乳を与えていると、虫歯になりやすいと言われています。

授乳後にベビーの歯を磨くようにすれば、夜間にも母乳を与えても大丈夫です。でも、ぐっすり眠ってしまった子の歯を磨くのは、起こしてしまうかもしれないし、なかなか難しいですね。

要は、歯に母乳がついたままだと虫歯になりやすいので、それを取り除くことが大切です。歯磨きが難しければ、ガーゼで拭く、水を飲ませるなどして、なるべく歯の表面をきれいに保つようにした方がいいです。

イオン飲料に注意

小児科を受診した際、下痢や嘔吐などの軽度の脱水時に、イオン飲料を勧められることがあります。しかし、脱水が改善した後もイオン飲料を飲み続けると、虫歯の危険が高くなります。

医師から勧められたイオン飲料なので、親は身体にいいものだと思って子どもに与えてしまいがちです。また、甘く飲みやすいので子どもも欲しがります。そして、イオン飲料を飲むことが習慣化してしまうと、イオン飲料が絶えず口の中に残り、虫歯の原因になります。

飲んだ後に、うがいや歯磨きを習慣化することや、ダラダラと飲み続けないことが大切です。

家族のむし歯

むし歯の原因は、ミュータンス連鎖球菌です。赤ちゃんは無菌の状態で産まれてきますが、家族と過ごす中で、親などからミュータンス連鎖菌が感染して、ベビーの口の中に生息するようになります。家族に未処理のむし歯があると、赤ちゃんが虫歯になるリスクが高くなってしまいます。まずは、家族全員で虫歯予防を取り組みましょう。

スポンサーリンク

乳歯から永久歯へ

乳歯から永久歯に一気に生え変わるのではないので、乳歯が虫歯になるような悪い口腔環境では、永久歯もすぐに虫歯になってしまいます。

cdot
Main Menu |トップページ |健康情報 |生活情報 |料理情報 |食品情報 |旅行記 |京都情報 |大阪情報 |岡山情報
リンク |sitemap |Pポリシー
健康 Menu |妊娠時の変化 |妊娠時の変化(続き) |妊娠中の栄養 |妊娠時のトラブル |妊娠中の歯のケア |子宮筋腫と妊娠 |切迫早産 |産後のトラブル |予防接種 |予防接種の前に |予防接種の後に |BCG |ヒブワクチン |肺炎球菌ワクチン |4種混合ワクチン |MRワクチン |日本脳炎ワクチン |母乳の栄養 |ベビーの気になる事 |感染症 |感染症2 |ベビーの発熱 |ベビーのひきつけ |ベビーの嘔吐 |ベビーの下痢 |ベビーの便秘 |ベビーの咳 |ベビーの鼻水 |ベビーの発疹 |ベビーの皮膚トラブル |ベビーの目のトラブル |ベビーと歯の健康 |ベビーと歯みがき |ベビーの口腔トラブル |ベビーの不慮の事故 |ベビーの転落、転倒 |ベビーの打撲 |ベビーのヤケド |ベビーが溺れた時 |ベビーの心肺蘇生 |ベビーの傷 |ベビーが指を挟んだ時 |ベビーの骨折、捻挫、脱臼 |ベビーが歯をぶつけた時 |ベビーの誤飲、誤嚥 |ベビーの虫刺され |ベビーが動物にかまれた時 |ベビーの目・耳・鼻の外傷と異物が入った時 |ベビーの熱中症 |ベビーのインフルエンザ |ベビーとタバコ |乳幼児健診 |食中毒 |腰痛
asa.as76.net
広告
更新日:2014/07/02