▼Menu

赤ちゃんが動物にかまれた時

赤ちゃんは、犬や猫などの動物に興味津々で近づくことがあります。ベビーは警戒心がないので、無防備に触ってしまいます。動物に咬まれた時に怖いのは、毒や病原菌です。処置を怠ると命を落としかねません。必ず直後に受診するようにしましょう。日ごろから大人が気を配り、むやみに動物に近づけないなど、安全に注意することが大切です。


広告

動物にかまれた時の対応

どんな動物に、どこを咬まれたのか、確認する。
飼い犬の場合は、念のため予防接種をしているか確認します。
ショック状態が出ていないか確認する。
意識障害や呼吸困難を起こしていないか、冷や汗が出たり、顔色が悪くないか等、確認します。
出血がある時は、止血する。
(直接圧迫法)傷口に清潔なガーゼかタオルをあてて、強く圧迫する。
(関節圧迫法)傷口より心臓に近い動脈を圧迫します。
必ず病院を受診します。
どんな動物にかまれた時も、必ず病院を受診するようにします。

犬や猫にかまれた時

傷口を洗い流し消毒して、清潔なガーゼをあてて病院へ行きます。のら犬や野良ネコの場合は、そのことを医師に伝えます。

鳥や小動物に咬まれた時

くちばしのある生き物に咬まれた時は、傷口が小さくても深くかまれている可能性があります。患部を水で冷やしてから、病院へ行きます。ショック状態が起きていないか、注意します。

へびに咬まれた時

毒蛇にかまれた時は、一刻を争います。まず、患部から血を吸い出して吐き出します。ただし、口の中に傷がある人や、歯科疾患のある人は、吸い出してはいけません。血を吸い出した後、傷口よりも心臓に近い部分をタオル等で強くしばり、すぐに病院へ行きます。

スポンサーリンク

動物にかまれた時に注意したい症状

動物に咬まれた時に、このような症状があれば病院にかかりましょう。
呼吸困難やけいれん等のショック症状がある。
頭痛や吐き気、発熱などの症状がある。
傷がひどかったり、患部が赤く腫れている。
毒のある動物にかまれた。
上記以外でも、動物に咬まれたら、早めに受診しましょう。
cdot
Main Menu |トップページ |健康情報 |生活情報 |料理情報 |食品情報 |旅行記 |京都情報 |大阪情報 |岡山情報
リンク |sitemap |Pポリシー
健康 Menu |妊娠時の変化 |妊娠時の変化(続き) |妊娠中の栄養 |妊娠時のトラブル |妊娠中の歯のケア |子宮筋腫と妊娠 |切迫早産 |産後のトラブル |予防接種 |予防接種の前に |予防接種の後に |BCG |ヒブワクチン |肺炎球菌ワクチン |4種混合ワクチン |MRワクチン |日本脳炎ワクチン |母乳の栄養 |ベビーの気になる事 |感染症 |感染症2 |ベビーの発熱 |ベビーのひきつけ |ベビーの嘔吐 |ベビーの下痢 |ベビーの便秘 |ベビーの咳 |ベビーの鼻水 |ベビーの発疹 |ベビーの皮膚トラブル |ベビーの目のトラブル |ベビーと歯の健康 |ベビーと歯みがき |ベビーの口腔トラブル |ベビーの不慮の事故 |ベビーの転落、転倒 |ベビーの打撲 |ベビーのヤケド |ベビーが溺れた時 |ベビーの心肺蘇生 |ベビーの傷 |ベビーが指を挟んだ時 |ベビーの骨折、捻挫、脱臼 |ベビーが歯をぶつけた時 |ベビーの誤飲、誤嚥 |ベビーの虫刺され |ベビーが動物にかまれた時 |ベビーの目・耳・鼻の外傷と異物が入った時 |ベビーの熱中症 |ベビーのインフルエンザ |ベビーとタバコ |乳幼児健診 |食中毒 |腰痛
asa.as76.net
広告
更新日:2014/07/02