▼Menu

腰痛で疑われる病気

「あのニュースで得する人、損する人」というテレビ番組で、腰痛について放送していました。(平成25年10月24日放送)

女性で腰痛がある人の数は、男性の1.5倍だそうです。

腰痛は腰自体が悪くなくても、他の病気がきっかけで腰に痛みが出る可能性があります。


広告

腰痛はガンの危険も?!

腰痛の原因は、2割の人が腰に異常があり、8割は原因不明だそう。

腰痛は、骨が弱っているサインかもしれない。
女性の健康は、女性ホルモンと密接に関係している。女性ホルモンのエストロゲンには、骨にカルシウムを保つ役割がある。しかし、30代の終わり頃からエストロゲンの分泌が少なくなり、骨が弱くなりやすくなります。
骨が弱くなり、骨粗鬆症のスカスカの状態になると、腰痛になることがあります。20代や30代の女性でも、骨がもろい人が増えています。
骨の状態が何歳か分かる装置(骨密度測定器)を使用して、テレビ番組で調査した結果、100人中の女性のうち、59人が実年齢より骨密度が低かった。
骨にカルシウムを保つ作用のあるエストロゲンは、体脂肪が原料になっています。痩せて細い体は、筋力が弱くなり、腰が痛くなりやすい。近年の、女性の過度のダイエットによって、骨が弱くなってしまう傾向があるそうです。
腰痛は、子宮からのサインかもしれない。
ある女性が、長年、腰痛で悩んでいました。
腰の痛みは、自身の知識から、腰が悪いと思い込んでいて、整体に通うなどしていましたが、病院には足を運んでいませんでした。
その女性が婦人科にかかった時に、子宮筋腫が発見されたそうです。
子宮筋腫が大きくなり、圧迫して腰に痛みが出ていたのです。
腰痛は、がんのサインかもしれない。
ガンが、腰の骨に移転した場合、腰の一点だけ痛みがある場合があるそうです。
腰骨を触って、局所的な痛みがある場合は、癌の疑いがあるそう。
スポンサーリンク

腰痛で損をする人

ダイエットに熱心で、思い込みが激しい人。

cdot
Main Menu |トップページ |健康情報 |生活情報 |料理情報 |食品情報 |旅行記 |京都情報 |大阪情報 |岡山情報
リンク |sitemap |Pポリシー
健康 Menu |妊娠時の変化 |妊娠時の変化(続き) |妊娠中の栄養 |妊娠時のトラブル |妊娠中の歯のケア |子宮筋腫と妊娠 |切迫早産 |産後のトラブル |予防接種 |予防接種の前に |予防接種の後に |BCG |ヒブワクチン |肺炎球菌ワクチン |4種混合ワクチン |MRワクチン |日本脳炎ワクチン |母乳の栄養 |ベビーの気になる事 |感染症 |感染症2 |ベビーの発熱 |ベビーのひきつけ |ベビーの嘔吐 |ベビーの下痢 |ベビーの便秘 |ベビーの咳 |ベビーの鼻水 |ベビーの発疹 |ベビーの皮膚トラブル |ベビーの目のトラブル |ベビーと歯の健康 |ベビーと歯みがき |ベビーの口腔トラブル |ベビーの不慮の事故 |ベビーの転落、転倒 |ベビーの打撲 |ベビーのヤケド |ベビーが溺れた時 |ベビーの心肺蘇生 |ベビーの傷 |ベビーが指を挟んだ時 |ベビーの骨折、捻挫、脱臼 |ベビーが歯をぶつけた時 |ベビーの誤飲、誤嚥 |ベビーの虫刺され |ベビーが動物にかまれた時 |ベビーの目・耳・鼻の外傷と異物が入った時 |ベビーの熱中症 |ベビーのインフルエンザ |ベビーとタバコ |乳幼児健診 |食中毒 |腰痛
asa.as76.net
広告
更新日:2014/07/02