▼Menu

ベビーの打撲

赤ちゃんは、頭が重くバランスを崩しやすいので、転倒して頭や体を物にぶつけることがよくあります。また、赤ちゃんは、日々成長しますので、昨日まで出来なかったことが、今日出来るようになったり。まだ動かないから大丈夫とか、ここの高さまでは手が届かないだろうと油断していると、知らぬ間に寝返りしたり、立っていたりするものです。大きな事故にならないように、普段から赤ちゃんの動きを予想して、先回りして安全対策をしておくことが大切です。

体をぶつけたり、打ったりした場合でも、大声で泣き、すぐに落ち着き、平常の様に元気に遊んでいれば、ひとまず安心です。しかし、その場で異常が見られなくても、後から異常が出てくることもありますので、24時間は安静を心掛け、2〜3日は、慎重に経過を観察するようにしましょう。


広告

打撲時の対応

傷ができた時。
傷口を拭いたり洗ったりしてから消毒します。出血している場合は止血してから処置をします。
骨折や脱臼が疑われる時。
タオルなどで幹部を固定して動かないようにし、病院へ急ぎます。
頭にこぶができたり、皮膚が内出血した時。
冷たいタオルで患部を冷やします。コブがぷよぷよしていたり、血がにじみ出ている時は、病院へ行きましょう。
強く体を揺すらない。
頭を打って意識が無かったり、ひきつけを起こしても、決して強く体を揺すらないようにします。
呼吸や脈を確認する。
意識が無い時は、気道を確保し、呼吸や脈を確認します。必要があれば、人工呼吸や心臓マッサージを行います。
吐き気があれば横向きに寝かせる。
吐いたものが気道に詰まるのを防ぐために、吐き気がある場合は、横向きに寝かせます。
全身の状態を観察する。
どこを打ったのか分からない場合は、手で触ったり裸にして異常がないか調べます。
安静にして様子をみる。
打撲後に落ち着いても、2〜3日はいつもと違う様子がないか、食欲、機嫌、動きなどを慎重に観察します。

目をぶつけた時

目や目の周りをうった時は、傷や腫れがないようでも、眼球が傷ついていることがあります。目が開けられない、涙が止まらない、充血がある、目つきがおかしいと感じた時は、急いで眼科に受診しましょう。

スポンサーリンク

打撲時に注意したい症状

打撲時に、このような症状があれば病院にかかりましょう。
意識を失ったり、意識がもうろうとしている。
ひきつけを起こした。
顔色が悪い。呼吸が苦しそう。手足がマヒしている。
繰り返す嘔吐がある。
頭をうった後に、鼻血や耳から出血があった。
傷口が大きく出血がひどかったり、腫れがひかない。
打ったところが動かず、触れると激しく泣く。
打った後に、おしっこに血が混じった。
cdot
Main Menu |トップページ |健康情報 |生活情報 |料理情報 |食品情報 |旅行記 |京都情報 |大阪情報 |岡山情報
リンク |sitemap |Pポリシー
健康 Menu |妊娠時の変化 |妊娠時の変化(続き) |妊娠中の栄養 |妊娠時のトラブル |妊娠中の歯のケア |子宮筋腫と妊娠 |切迫早産 |産後のトラブル |予防接種 |予防接種の前に |予防接種の後に |BCG |ヒブワクチン |肺炎球菌ワクチン |4種混合ワクチン |MRワクチン |日本脳炎ワクチン |母乳の栄養 |ベビーの気になる事 |感染症 |感染症2 |ベビーの発熱 |ベビーのひきつけ |ベビーの嘔吐 |ベビーの下痢 |ベビーの便秘 |ベビーの咳 |ベビーの鼻水 |ベビーの発疹 |ベビーの皮膚トラブル |ベビーの目のトラブル |ベビーと歯の健康 |ベビーと歯みがき |ベビーの口腔トラブル |ベビーの不慮の事故 |ベビーの転落、転倒 |ベビーの打撲 |ベビーのヤケド |ベビーが溺れた時 |ベビーの心肺蘇生 |ベビーの傷 |ベビーが指を挟んだ時 |ベビーの骨折、捻挫、脱臼 |ベビーが歯をぶつけた時 |ベビーの誤飲、誤嚥 |ベビーの虫刺され |ベビーが動物にかまれた時 |ベビーの目・耳・鼻の外傷と異物が入った時 |ベビーの熱中症 |ベビーのインフルエンザ |ベビーとタバコ |乳幼児健診 |食中毒 |腰痛
asa.as76.net
広告
更新日:2014/07/02