▼Menu

赤ちゃんが便秘をした時

産まれて間もない赤ちゃんは、腸の働きが未熟な為、消化酵素の分泌も十分でなく、便がゆるく回数が多いです。新生児期を過ぎると、腸の水分吸収が上手になっていき、徐々に便の回数が少なくなります。そして、離乳食が始まると、大人と同じ様な臭いと色に近づいてきます。赤ちゃんの便は成長と共に変わっていきます。便の回数や形態には、それぞれの赤ちゃんの個人差があります。


広告

赤ちゃんの便秘

急に便が何日も出なくなったり、便が硬くなりいきんでも出なかったり、出す時に苦しがる、という事があれば、便秘の症状です。例え3〜4日に1回しか出なくても、赤ちゃんがご機嫌で食欲もあり、苦しがらずに排便していれば、便秘とは言いません。

便が硬くて出にくい時、離乳食開始以後でしたら、野菜や果物などの食物繊維を多く含むものを食べたり、油分の多い食品を意識してとるようにしてみましょう。

便秘をした時の対応

繊維質の食品や油分を与える。
野菜や海藻類、果物など、食物繊維が豊富な食品を食べるようにします。また、オリーブオイルや、植物油の含んだ食品は、便が出やすくなります。
肛門を刺激する。
オリーブオイルや馬油などを塗った綿棒で、肛門を刺激します。綿棒の先、1センチ程を肛門に入れて軽くつつきます。綿棒の刺激によって、排便が促されます。強い刺激は、傷つけてしまう恐れがありますので、気をつけて行います。
浣腸は医師に相談してから。
市販されている浣腸は、医師に相談してから使用しましょう。
スポンサーリンク

便秘時に注意したい症状

便秘時に、このような症状があれば病院にかかりましょう。
いつもお腹が強く張っている状態。
お腹が張っていて、便がオナラとともに勢いよく飛び出す。
新生児期から頑固な便秘が続いている。
食欲がなくなったり、体重が増えなくなった。
機嫌が悪く、排便時に痛がる。
cdot
Main Menu |トップページ |健康情報 |生活情報 |料理情報 |食品情報 |旅行記 |京都情報 |大阪情報 |岡山情報
リンク |sitemap |Pポリシー
健康 Menu |妊娠時の変化 |妊娠時の変化(続き) |妊娠中の栄養 |妊娠時のトラブル |妊娠中の歯のケア |子宮筋腫と妊娠 |切迫早産 |産後のトラブル |予防接種 |予防接種の前に |予防接種の後に |BCG |ヒブワクチン |肺炎球菌ワクチン |4種混合ワクチン |MRワクチン |日本脳炎ワクチン |母乳の栄養 |ベビーの気になる事 |感染症 |感染症2 |ベビーの発熱 |ベビーのひきつけ |ベビーの嘔吐 |ベビーの下痢 |ベビーの便秘 |ベビーの咳 |ベビーの鼻水 |ベビーの発疹 |ベビーの皮膚トラブル |ベビーの目のトラブル |ベビーと歯の健康 |ベビーと歯みがき |ベビーの口腔トラブル |ベビーの不慮の事故 |ベビーの転落、転倒 |ベビーの打撲 |ベビーのヤケド |ベビーが溺れた時 |ベビーの心肺蘇生 |ベビーの傷 |ベビーが指を挟んだ時 |ベビーの骨折、捻挫、脱臼 |ベビーが歯をぶつけた時 |ベビーの誤飲、誤嚥 |ベビーの虫刺され |ベビーが動物にかまれた時 |ベビーの目・耳・鼻の外傷と異物が入った時 |ベビーの熱中症 |ベビーのインフルエンザ |ベビーとタバコ |乳幼児健診 |食中毒 |腰痛
asa.as76.net
広告
更新日:2014/07/02