▼Menu

予防接種を受けた後の注意

予防接種を受けた後は、赤ちゃんや子どもの体内に弱った病原菌が入った状態になります。

子どもが元気な状態なら心配ありません。

体調の変化が無いか、経過を観察して、注意して見守りましょう。

気になる症状が出た場合は、予防接種を受けた窓口に相談しましょう。


広告

予防接種を受けた後に気を付けたいこと

副反応が出ることがあります
予防接種を受けた後、30分以内に、急な副反応が起こることがあります。
もし症状が出た時の為に、医師とすぐに連絡がとれるようにしておきます。
また、子どもの様子をよく観察しましょう。
副反応に注意したい期間
予防接種の後、生ワクチンでは4週間。
不活化ワクチンでは1週間、副反応の出現に注意しましょう。
接種後に注意したい症状
接種部位の腫れ、高熱、嘔吐、けいれん、ひきつけ、その他いつもと違うことがあれば、
すみやかに医師の診察を受けましょう。
接種した部位の注意点
接種部位は、清潔に保ちましょう。
入浴しても大丈夫です。
接種した部位をこすらないように気を付けましょう。
スポンサーリンク
接種した当日の過ごし方
接種当日はいつも通りの生活ができます。
激しい運動は避けるようにしましょう。
体調が急変した時の為に、医師と連絡を取りやすいように過ごすと安心です。
cdot
Main Menu |トップページ |健康情報 |生活情報 |料理情報 |食品情報 |旅行記 |京都情報 |大阪情報 |岡山情報
リンク |sitemap |Pポリシー
健康 Menu |妊娠時の変化 |妊娠時の変化(続き) |妊娠中の栄養 |妊娠時のトラブル |妊娠中の歯のケア |子宮筋腫と妊娠 |切迫早産 |産後のトラブル |予防接種 |予防接種の前に |予防接種の後に |BCG |ヒブワクチン |肺炎球菌ワクチン |4種混合ワクチン |MRワクチン |日本脳炎ワクチン |母乳の栄養 |ベビーの気になる事 |感染症 |感染症2 |ベビーの発熱 |ベビーのひきつけ |ベビーの嘔吐 |ベビーの下痢 |ベビーの便秘 |ベビーの咳 |ベビーの鼻水 |ベビーの発疹 |ベビーの皮膚トラブル |ベビーの目のトラブル |ベビーと歯の健康 |ベビーと歯みがき |ベビーの口腔トラブル |ベビーの不慮の事故 |ベビーの転落、転倒 |ベビーの打撲 |ベビーのヤケド |ベビーが溺れた時 |ベビーの心肺蘇生 |ベビーの傷 |ベビーが指を挟んだ時 |ベビーの骨折、捻挫、脱臼 |ベビーが歯をぶつけた時 |ベビーの誤飲、誤嚥 |ベビーの虫刺され |ベビーが動物にかまれた時 |ベビーの目・耳・鼻の外傷と異物が入った時 |ベビーの熱中症 |ベビーのインフルエンザ |ベビーとタバコ |乳幼児健診 |食中毒 |腰痛
asa.as76.net
広告
更新日:2014/07/02