▼Menu

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは、生花のようなみずみずしさを保ちながら長期保存が可能なお花です。水を与えなくてよいので手間がかからないという利点があります。手間がかからない分、忙しい方が手軽にお花を楽しめます。


広告

プリザーブドフラワーとは?

プリザーブドとは、保存するという意味があります。

プリザーブドフラワーは、生の花をカットして、色を抜き、染料とグリセリン等を吸わせて作っています。化学薬品を使わないので、体に安心です。

プリザーブドフラワーを自作する専用の液体を売っていますので、それを利用すると自作することも出来ます。

プリザーブドフラワーの扱い方

プリザーブドフラワー楽天 は、生花のような柔らかさがあり、ソフトでデリケートです。花びらをあまりさわらないようにしましょう。また、湿気、摩擦、直射日光に弱いです。日本の気候では、湿気が多いこともあり、3年程で色が落ちてしまいます。

プリザーブドフラワーの魅力

プリザーブドフラワーは、生花のように水を変える手間がかかりません。また染料を使っていますので、自然のお花には無いような色のお花を楽しむことができます。また数年間は楽しむ事が出来るので、経済的です。

スポンサーリンク

プリザーブドフラワーのアレンジメント

お花屋さんの多くは、生花の他にプリザーブドフラワーのアレンジメントも販売しています。生花に比べると、小さなアレンジの割りに高価な気がしてしまいます。実際、プリザーブドフラワーは、お花自体の加工が必要なため、一つ一つのお花の価格が高いです。アレンジメントとなると複数のプリザーブドフラワーを使う為、どうしても高価になってしまいます。しかし、数年間アレンジメントを飾れるので、生花よりも経済的だと思います。また、手間がかからない分、プレゼントには最適で、女性にはきっと喜ばれると思います。

cdot
Main Menu |トップページ |健康情報 |生活情報 |料理情報 |食品情報 |旅行記 |京都情報 |大阪情報 |岡山情報
リンク |sitemap |Pポリシー
生活 Menu |妊娠中の過ごし方 |妊娠中のシートベルト |母子手帳 |妊婦服、授乳服 |ベビー服 |新生児の子育て |2〜4ヶ月の子育て |ベビーの生活リズム |ベビーのおむつ |おしりふき |赤ちゃん向けの絵本 |赤ちゃんの安全対策 |赤ちゃんの歯ブラシ |ベビーモデル |子供に文字を教える |1歳半健診 |ハンドクリーム |子育てママファッション |生地屋さん |室内の水耕栽培器 |掃除苦手な私の掃除方法 |Huluで海外ドラマ |タレックスのサングラス |ベビーフット |お花を家庭に |プリザーブドフラワー |大地震が起きた時 |非常食 |ショートカットキー |シルクドゥソレイユ、オーヴォ
asa.as76.net
広告
更新日:2014/07/02