▼Menu

赤ちゃんの安全対策

赤ちゃんの発達にともない、思わぬことが原因で事故に結びつくことがあります。ベビーの安全対策を万全にし、事故から守りましょう。


広告

子どもの命を守るチャイルドシート

自動車に乗る際には、子どもの命を守る為、事故による被害を防止したり、軽減する為に、必ず チャイルドシート楽天 を正しく使用しましょう。チャイルドシートを使用していないと、使用時に比べて、事故した時の死亡または重傷となる率が一段と高くなります。

幼児(6歳未満の子ども)を同乗させて自動車を運転する時は、疾病の為にチャイルドシートを使用させることが療養上適当でない時など使用義務が免除させる場合を除き、チャイルドシートを使用することが義務付けられています。

車の中の危険

窓を閉め切った車の中は、真夏でなくても短時間で車内温度が上昇します。赤ちゃんが脱水症状や熱中症を引き起こし、命を落とす危険があります。また、子どもが車内の装置を動かして事故になる事もあります。どんな短時間でも、決して子どもだけを車内に残してはいけません。

ドアやパワーウィンドウに首や指を挟まれて重傷を負う事故が起きています。操作する前に、安全を確認し、必ず声をかけるようにしましょう。また、普段はロックしましょう。

自転車の危険

子どもを自転車に乗せる時は、転倒や転落によるケガを防ぐ為、SGマーク付きの自転車乗車専用のヘルメットを着用させましょう。決して子どもだけを残して自転車から離れてはいけません。また、子どもの足が車輪のスポークに巻き込まれる事故も起きています。

ベビーカーの危険

赤ちゃんがベビーカーから転落しないように、必ずシートベルトを正しく締めましょう。また、ベビーカーの開閉時にベビーの手指が挟まりケガをする事がありますので、注意しましょう。

スポンサーリンク

安全対策のポイント

安全対策のポイントをまとめました。
子どもの手の届くところに、窒息、誤飲、やけど、ケガの原因になるような物は置かない。
家庭の中で溺れる危険のある場所に、子どもが近寄れないようにする。浴槽や洗濯機に、水を貯めたままにしない。
ベッドや階段、窓、ベランダなどから、転落しないように注意する。エアコンの室外機、古新聞の束、テレビ、ドレッサーなどが踏み台にならないように注意する。
外出時には、子どもから目を離さない。
cdot
Main Menu |トップページ |健康情報 |生活情報 |料理情報 |食品情報 |旅行記 |京都情報 |大阪情報 |岡山情報
リンク |sitemap |Pポリシー
生活 Menu |妊娠中の過ごし方 |妊娠中のシートベルト |母子手帳 |妊婦服、授乳服 |ベビー服 |新生児の子育て |2〜4ヶ月の子育て |ベビーの生活リズム |ベビーのおむつ |おしりふき |赤ちゃん向けの絵本 |赤ちゃんの安全対策 |赤ちゃんの歯ブラシ |ベビーモデル |子供に文字を教える |1歳半健診 |ハンドクリーム |子育てママファッション |生地屋さん |室内の水耕栽培器 |掃除苦手な私の掃除方法 |Huluで海外ドラマ |タレックスのサングラス |ベビーフット |お花を家庭に |プリザーブドフラワー |大地震が起きた時 |非常食 |ショートカットキー |シルクドゥソレイユ、オーヴォ
asa.as76.net
広告
更新日:2014/07/02