▼Menu

ベビー服

赤ちゃんの服を選ぶ時、体の保温や保護の役割を果たし、体の自由な動きを妨げないものが良いです。また、着易さや脱ぎやすさも大切です。


広告

ベビー服の選び方

赤ちゃんの肌は弱いので、 ベビー服楽天 には皮膚に対する刺激が少ないものが適しています。ベビーは、よく汗をかくので、あせもができやすいです。肌着は、吸湿性と通気性がある綿素材が適しています。特に、オーガニックコットンなど、赤ちゃんに優しいものを取り入れると安心です。新生児用の肌着は、ラベルが外側に付いていたり、肌に優しい工夫がされているものが多いです。

赤ちゃんは、すぐに大きくなるので、サイズが適当であるか注意します。ハイハイや寝返りなど、運動の妨げにならないものを選ぶようにしましょう。また、赤ちゃんの服は、可愛いデザインのものが多く、目移りしてしまいますが、デザインの可愛さばかりに目をとらわれずに、着た時の着心地、肌触り、着易さ、脱ぎやすさ、おむつ替えのしやすさ等を考えて選ぶと、後々、使い勝手のいい、ヘビーローテーションのお気に入りの服になると思います。

買う時は、気に入ったデザインで満足して買っても、意外と着させるのが難しかったりする場合があります。脱ぎ着がストレスになると、段々とその服には手が伸びなくなるものです。

赤ちゃんに服を着せる時の注意点

赤ちゃんの体温は大人よりも高いので、着せすぎたりしないようにします。

手足が出て、多少冷たい状態が普通です。

ベビーの靴。

赤ちゃんは足のサイズの変化が早いので、適切な大きさの靴を選ぶことが大切です。他の子のお下がりは、サイズは合っても、履き癖がついていたり、靴底がすり減ったりしている場合もあるので、注意しましょう。

ミキハウスのベビー服

子どもを持つ前は、赤ちゃんはすぐに大きくなるし、ベビー服にお金をかけるのはモッタイナイと思っていました。まして、ミキハウスは値段が高く、原色で派手だし、自分の好みでは無いと。しかし、自分の子どもに着せてみると、なんと可愛いこと。以前は、派手で原色使いで、センスが無いと思っていたデザインですが、子どもが実際に着ると、子どもらしい可愛い服、毎日の洗濯にも耐えられる丈夫さだと気づきました。

自分が出産前は、大人でも馴染みのあるブランドの、バーバーリーやラルフローレンのベビー服を出産祝いのプレゼントに選びがちでしたが、子ども服のミキハウスの魅力が分かるようになりました。

スポンサーリンク

自分で脱ぎ着できるようにする。

2歳ごろから自分で服を脱ごうとしますが、実際に出来るようになるのは4歳ぐらいです。服を着ようとするのは、2歳半ごろで、実際に出来るようになるのは、4歳半ごろです。

服や靴の着脱など、子ども自身にさせるように指導し、親がいなくても出来る自立した子どもに育てたいです。

cdot
Main Menu |トップページ |健康情報 |生活情報 |料理情報 |食品情報 |旅行記 |京都情報 |大阪情報 |岡山情報
リンク |sitemap |Pポリシー
生活 Menu |妊娠中の過ごし方 |妊娠中のシートベルト |母子手帳 |妊婦服、授乳服 |ベビー服 |新生児の子育て |2〜4ヶ月の子育て |ベビーの生活リズム |ベビーのおむつ |おしりふき |赤ちゃん向けの絵本 |赤ちゃんの安全対策 |赤ちゃんの歯ブラシ |ベビーモデル |子供に文字を教える |1歳半健診 |ハンドクリーム |子育てママファッション |生地屋さん |室内の水耕栽培器 |掃除苦手な私の掃除方法 |Huluで海外ドラマ |タレックスのサングラス |ベビーフット |お花を家庭に |プリザーブドフラワー |大地震が起きた時 |非常食 |ショートカットキー |シルクドゥソレイユ、オーヴォ
asa.as76.net
広告
更新日:2014/07/02