▼Menu

赤ちゃんや子供のおやつ

1歳を過ぎ、授乳をやめてからは、どんどんと息子の食欲が増してきました。赤ちゃんは1歳半を過ぎると、運動量も増え、ますます食べるようになります。

3食のごはんだけでは足りないので、午前と午後におやつの時間をつくっています。

ベビーのおやつは、味覚の形成と虫歯の観点からみると、甘い物をなるべく避ける方がいいです。

子供の身体のつくる為と、食べる楽しさ(食育)を知る為、を重点に考えて、何を採るのがいいのか考えながら、食事の補助になるようなものを食べさせるようにしています。

身体に良さそうなもので、子供も気に入って食べてくれるものを、いろいろ試してみました。


広告

焼き海苔

息子は、焼き海苔が大好きです。

味付け海苔は、調味料が入っていて、辛いものもあるし、塩分も気になるので、焼き海苔のみ。

バリバリ〜って食べてます。食感も良いんだと思います。

口の中に入れると、溶けやすいですが、口に張り付いたりするので、食べさせる際には喉に詰まらないように注意してください。

ポップコーン

市販のポップコーンは、塩分が多いので、手作りしています。

手作りと言っても、鍋にポップコーンの種を入れ、オリーブオイルを少しと、梅塩を入れ、蓋をして中火で2〜3分ほど鍋を振っていると、「ポンポン」音がし始め、音がしなくなるまで火にかけたら、出来上がり。

ポップコーンの種は、スーパーで1袋100円程度です。1回に使うのが、4分の1位なので、とっても安上がりなオヤツとなっています。

油は、出来れば身体に良いものをと思い、オリーブオイルを使ってます。

普通の塩でもいいんですが、梅塩が家にあるので使ってます。梅塩は、クエン酸も入っていて、アルカリ性なので、身体にいいかな。

息子は、1歳ぐらいから、ポップコーンが好きで、よく食べます。ポップコーンって、ジャンクフードっぽいですが、トウモロコシだし、食物繊維豊富だから、良いかなと思います。

バナナ

バナナもよく食べます。お腹が空いた時、すぐに食べられるので助かります。

おやつとして以外にも、ごはんの時間が遅くなってしまう時とか、とりあえず食べさせたい時にも使えるので、常備しています。

息子には、あまり甘いオヤツは、食べさせていないので、バナナが一番甘い食べ物だと思っているかもしれません・・・。

煮干し

煮干しもオヤツに使っています。

ニボシがおやつなんて、なんだかいつの時代?昭和のイメージですが、私が子供の時も何度か食べた記憶はあります。

ニボシって魚だし、DHAとかきっと豊富だし、たんぱく質だし、身体に良いはず。

息子は、数個わしづかみで、むしゃむしゃ食べてます。煮干しって結構硬いんですよね。子供に食べさせるものって、柔らかい食べ物が多いので、にぼしは顎を鍛えるのにもいいかもしれません。

ただ、硬い煮干しは、口の中や喉など傷つけないように、注意してください。

スポンサーリンク

お出掛けの時のおやつ

お出掛けの時は、市販のおやつを持って行くこともあります。

よく使うのは、「おさつちっぷ」や「ひえりんぐ」などです。食事で採りにくい食材が入っている物を、なるべく選んでます。

また、手作りしたポップコーンをタッパーに入れて持ち運び、外出時のおやつにする事もあります。

外出時は、機嫌が悪くなると大変なので、子供の好きな物を持っていると、親が安心できます。

cdot
Main Menu |トップページ |健康情報 |生活情報 |料理情報 |食品情報 |旅行記 |京都情報 |大阪情報 |岡山情報
リンク |sitemap |Pポリシー
食品 Menu |ヘルシーなオイル |ノンカフェ飲料 |カチャマイ茶 |無添加お菓子 |ダイエット中のおやつ |ベビーのおやつ
asa.as76.net
広告
更新日:2014/07/02